出るかもしれない | AGAに悩む男性に朗報!「ロニタブ」で薄毛対策はバッチリです

出るかもしれない

初期脱毛はけして副作用なんかではありませんが、ロニタブは医薬品なので当然いくつかの副作用と呼ばれる症状があります。
今回はロニタブからどのような副作用が出てきてしまうのかについての説明をしていきたいと思います。

まずロニタブを使うことによって、頭痛が起こる可能性があります。
これはミノキシジルという成分による血管を拡張する作用から生じるものです。
頭には毛細血管がたくさんあるので、拡張作用による頭痛は誰にでもありえることだといえるでしょう。

そしてロニタブを使うことで、多毛症になることもあります。
ミノキシジルという成分を使った治療薬には外用薬と内服薬の2種類がありますが、ロニタブは内服薬となっています。
つまりミノキシジルという成分を体内に取り込むことになるので、必要な個所にのみ塗布する外用薬とは違い体全体にミノキシジルが行き渡るようになります。
ということは髪の毛にとどまらずそれによって全身のあらゆる毛が成長しやすくなるので、人によっては多毛症になるわけです。
ただロニタブを飲むのをやめることで、その症状は緩和されるでしょう。

またロニタブによるむくみ症状も出てくることがあります。
体がむくむということは細胞内にたくさんの水分が溜まることを指しますが、実はロニタブのミノキシジルという成分を使うことによっても生じる可能性があります。
ミノキシジルは血管の拡張作用があるので、それにより血液濃度が薄くなります。
つまり体内で血液濃度を元に戻そうという働きが出てくるので、血管から周囲の細胞に対し水分を出します。
結果として細胞に水が溜まり、そこからむくみの症状が出てくるわけです。